--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/10/18

里美の古民家

常陸太田市の里美に
9/25~11/20までの2か月の期間限定でオープンしている
里美の古民家レストラン』へ、昨日行ってきました

「フランス、アメリカの有名店で腕を磨き、
ニューヨークのマンダリンオリエンタルで料理長に抜擢された
杉江礼行シェフが腕を振るう、ニューヨーク発フレンチ」で
「期間限定」という事を知って、
すぐに予約しておいたんです♪
シェフは、日立市の出身だそう。

P1040111-1.jpg P1040115-2.jpg
P1040117-1.jpg P1040127-2.jpg

お店は、築150年の古民家を改装した、
歴史を感じる、とても雰囲気のある内装でした。


私達は、
前菜、スープ、お魚、お肉、デザート、コーヒー、パン
のコースをいただきました

P1040122-1.jpgP1040123-1.jpg

スープが、ほうれん草とレタスを使い、ベーコンの泡を浮かべた(!)
シーザーサラダのスープ(!!)だっだり、
お魚料理の的鯛のフリットに、かぼちゃ、レモンガーリック、ネギの
3種のソースが添えられていたり、
パンは、そば粉を使ったベーグルに、炭のオイル(!)を付けていただくという
スタイルだったり・・・

王道のフレンチ、というのとはまた違って、創作的な、
驚きのあるお料理でした~。
ニューヨークスタイルなのかしら!
里美の地元野菜や茨城の食材を使ったお料理で、
見た目も楽しく、おいしかったです♪


2か月限定なので、もう行けないかなー。
さみしいな。
ごはん | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
v-287行くって言ってたやつですね!
すごい!歴史が150年ものの風情漂う民家で行われたのですね!逆におしゃれ。おいしそう!
フェレット協会事務局長さんへ

おしゃれだよね~。民家だったから、古い箪笥やテレビなんかもそのままにしてあるスペースとかもあって、それが素敵だったのi-189
また、食べたいなぁ!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。